2016年3月10日木曜日

インバーターとUPSって何が違うの?

このブログでは、ネパール基本で書きますので、日本の事は忘れてください。

以前も書きましたが、インバーターとは、自動切り替え機能付きDC-AC変換器兼充電器のことです。
つまり、バッテリーにつないで、停電中はバッテリーから交流電流(220V)を作りだします。
そして、通電時はスルーして電力を供給しつつ、バッテリーを自動で充電してくれます。
通電、停電の判断は自動て行い切り替えてくれます。
通電時はスルーなので電圧の調整は行われません。
電圧が高すぎたり、低すぎたりすると、停電と判断してくれます。
外国人が買い求める物は基本1万2千ルピー以上かと思われます。
それに、バッテリーを別途購入して接続します。

UPS(Uninterruptible Power Supply) とは無停電装置のことです。
つまり、バッテリー内蔵で、停電時にバッテリーから自動で交流を作りだし供給してくれます。
しかも、通電中は電圧を調整してくれる機能もあります。
詳しくは、インタラクティブUPSと言いますが。
もちろん、通電が恥末と自動で切り替わり、バッテリーの充電もしてくれます。
こちらは、3000ルピー程度からあります。

なんだ、変わらないじゃん!

と、思いますよね?

まぁ、そうなんですが、用途が違うのです。
※HomeUPSと名の付いたものは実際はインバーターですので、悪しからず

インバーターは定常的に使用することを想定しています。
つまり、数時間停電していてる間もずっと使い続けて、基本ずっと電気が入ったままのものです。

UPSは停電したときにコンピューターが落ちてしまいデータが消失するのを塞ぎ、
シャットダウンするまでの数分間を稼ぐための物です。
つまり、万が一に停電した時のための保険として使います。
それに、こちらは搭載されているバッテリーが7Ahぐらいと小さいです。

でも、同じ600VAくらいの許容量で、安いならそれでも良いやと思いますか?
バッテリーが小さければ大きなバッテリーを外付けにして、追加で充電器を付ければ問題ないでしょうか?

たしかに、そのような使い方をしているネパリもいますね。
でも、非常に危険なのでお止めください。
危険性と、どう使えば安全かをご存知ならまだいいですが。

なぜなら、UPSは基板も内部配線も数分なら何とか耐えられる程度にしか作られていません。

具体的に考えましょう。

650VAのインバーターのバッテリーに接続する線はとっても太いですよね。
それは、60Aや70Aの使用に耐えるようにできているという事です。

UPSのバッテリーに接続する線は7/22などが使われています。
まぁ、20Aくらいが限度です。

もちろん、許容量一杯で使い続けたらインバーターでも壊れてしまいますよ。
でも、よく考えてください。
直流12Vから650VAを稼ぐためには、54Aの電流が流れます。
許容量の3倍の電流を流し続けるとどうなりますか?
発熱して配線が焼け落ちるか、発火する恐れもあります。

まぁ、10Wや20Wだけしか使わないというのなら、恐らく大丈夫でしょう。
でも、基本設計は数分耐えられれば良く、定常使用はしないという思想で作られています。
何か問題が起きても、だれもそれを保証してはくれません。
50Wを超えるような負荷をかけるとトランスがうなりだしますしね。。。

ということで、相当極貧で、危険でもいいから安く使いたいんだという人以外はUPSのインバーター的使用法は止めましょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿