2017年2月3日金曜日

飲料水のやりくり

日本は水道水がそのまま飲める世界でも数少ない国の一つです。
それもあって、飲料水にお金をかけるというのは、なんとも変な感じがします。
日本では、風呂もトイレも飲料水もすべて水道水ですからね。

後進国または極貧国のいち代表であるネパールでは、そうはいきません。

飲料水は買わないといけないんです。
では、どこで買うか?

旅行者であれば、ホテルやゲストハウスで提供するものを飲むか、
その辺りのお菓子などを売っている一般的な店(キラナパサル)で、1Lの飲料水を買うことができます。
飲料水は「カネパニ」と言います。
以下の様に言うと売ってくれますよ。

「カネパニ、エク リットルコ ディノス」→飲料水、1Lのください

1Lは安いところで20ルピー、高くても30ルピーです。
もちろん、エビアン、その他輸入のおいしい水たちは数十ルピーから200ルピー越えまでいろいろ。
でも、基本はネパール産でOKだと思います。
それを飲んでのおなか壊したという人は少ないので。
ちなみに、この水1Lではありません。。。
量りましたところ、大体900ml前後です。

さて、長期住む人はどうするのか?
まとめ買い?

いえ、大容量での購入が可能です。
20Lの飲料水ボトルを買うことができます。
これは、「ジャルパニ」と言います。


大体、店先に積んであるので、どこで手に入るかは分かると思います。
ネパール人も、これを買います。
きれいな水源が近く、その水道が通っている地域は別ですが。
私はこれを煮沸せずに飲みますが、煮沸した方が良いという人もいます。

これは、デポジット制で、まず水入りの本体を購入します。
350ルピーから400ルピーです。
そして、補充(空の容器を返して、充填されたものをもらう)は、50ルピーです。
ちなみに、品質のいい会社は70ルピーとか、100ルピーとかするところもあります。
トラックでデリバリーしてくれる会社もあるので、自分のおなかの強さと、お財布と相談で。
お店によっては、親切で運んでくれるところもあります。

このジャルパニなんですが、気を付けてください。
工場で浄水を入れるのですが、その際に洗わないようです。
店先に空ボトルを置きっぱなしにして、砂やほこりが混入したりすることも多々あります。
そして、たまに苔くさいこともあります。
その時は、その水はトイレなどに使用するなどして、あきらめましょう。
健康のためです。

サーバーは、その辺の圧力なべやボトルを売っている、入れ物屋(バーラパサル)で買えます。
日本のウォーターサーバーのようなものも買えますが、下の写真のやつが一般的です。
これなら、数百ルピーです。
「ジャルパニコ ムニコ バーラ」→水ボトルの下の入れ物
といえば伝わるかと思います。


さて、外国人は安全のために、1階に住まずに、2階以上に住んでおられることが多いでしょう。
その場合、運んで上がるのは大変。
そして、毎回サーバーにボトルをセットするのも一苦労です。
ということで、我が家はRO浄水器を設置しています。


こういうやつですね。
これは、フィルムに圧力をかけて水を浄化するというものです。
水の分子くらい小さいものでないと通りません。
うちが使用しているタイプはUVもついていますので、殺菌もしてくれます。
これで、泥水からでも飲料水が作れるわけです。
電力は数十ワットですので、小さなインバーターでも問題なく動きます。
お値段は、写真のような家庭用の物であれば、1万8千ルピーから2万5千ルピーくらい。
ちょっとお高いですが、ジャルパニ交換の手間を考えたら、手放せない存在です。

ちなみに、おいてあるお店は浄水器屋さんか電気屋さんです。
後者では、メンテナンスまではしてくれません。

もちろん、泥水を直接フィルターしたら、すぐに目が詰まって故障します。
そのため、通常はプレフィルターを使用します。
なので、設置するとこんな感じ。


水道から分岐して、泥を除去するプレフィルターに入ります。
その後、本体に入り、セディメント、ポンプ、メンブラン(逆浸透膜)、UV、ポストカーボンなどを通り、飲料水を作ってくれます。
吸い込んだ水の7割くらいは飲料水にはならずに排出されます。
そのため、別の大きなタンクを用意して、溜まったら洗濯に使っています。

ROフィルター(メンブラン)そのものは、2-3年使えます。
もちろん交換可能です。
そして、その他のフィルターは1-2年で交換となります。
泥を取り除くプレフィルターは3カ月に一度くらいの交換でOKです。

白い筒の中に、こんなフィルターが入っています。
古くなると、茶色というか土色になります。
交換は人(マンチェ)を呼んで、メーカーものは1500ルピーほど、写真のような通常の物なら700ルピーくらいです。
ちなみに、自分でも交換できます。
フィルターは500ルピーくらいで打ってくれると思いますが、私は卸しのお店で一つ100ルピーで買っています( ´艸`)
プレフィルターはとっても開けるのが大変。
私もハンマーでたたいたり、二人がかりだったり、毎度苦労しています。

ということで、オープナー買ってみました。


あるところにはあるんですね。
250ルピーだったかと思います。
これがあると、簡単に交換されてしまうので、大抵この存在は教えてもらえません(;^_^A

ということで、飲み水の確保、日本よりは大変です。
でも、多少の投資で楽はできますよ。

あなたは、どうされますか?

0 件のコメント:

コメントを投稿