2017年3月16日木曜日

ネパールで銀行を使う

ネパールに住むようになると銀行が何かと必要になってきます。
学生になる、ビジネスを始める、現金を自宅に置いておきたくないなど。
ということで、個人的に謎に感じていたことを調べてみました。

まず、銀行のシステムです。
銀行では、ネパールルピー、米ドル、その他銀行が対応する外貨での口座が作れます。
日本人であれば、基本的には大使館からの「NoObjectLetterは無いよレター」があれば作れます。
現在は、いろいろ厳しくなっており、観光ビザで作る場合、学校から口座を開く必要がある手紙、申請中の会社の登録証などがあれば問題なく作れます。
さて、色々な通貨で口座は作れます、デポジット(預金)もできます。
ただし、ウィズドロウ(引き出し)はネパリルピーのみです。。。
外国人は個人口座の場合は海外への送金すら不可能です。
入れたらそれで終わり。
ネパールからは持ち出しはできません。
まぁ、グレーゾーンなところでは、ネパール人の会社の口座に移し、そこから送金してもらうこともできますので、外貨のまま残しておくのもアリかもしれません。
しかし、外貨は利息があまりつきません。
利息が欲しい人はネパリルピーにしましょう。

また、口座は一人でも開けますし、連名(ジョイントアカウント)で開けます。
その際、一人のサインで引き出せるか、二人のサインが必要か、決める必要があります。

次に、預金残高を知る方法。
日本には通帳というものがあり、いつでも手元に残高が分かるものがありますよね。
でも、他の国同様にネパールでは残高(バランス)を知るためには、銀行に行ってサービスカウンターで、入出金兼残高記録(バンクステートメント)を印刷してもらう必要があります。
もしくは、キャッシュカードがあればATMで残高を確認するか。
これは、学生ビザの申請など、色々な時に必要になります。
このバンステートメント、発行の際は口座の登録名、口座番号、氏名などを要求されますので、お忘れなく。
ちなみに、発行は無料です。

次に、現金の引き出し方法。
通常、口座を開いて一定金額を入れていれば、小切手(チェックブック)を発行してくれます。
それを使って、自分あてに小切手を切って、お金を引き出します。
もちろん、お金の支払いに小切手を使うこともできます。
表面に、日付、宛先、文字で金額、数字で金額を記入し、口座の持ち主(アカウントホルダー)のサインをします。
そして、裏面には受取人のサインをします。
そして、自分の身分証明書を添えてカウンターに渡すと、現金が受け取れます。
この小切手、使いきるとまたお金を払って小切手を発行してもらうことになるので、あまり細かい単位で引き出すのはお勧めしません。
外貨の口座の場合、その通貨で書いても、ネパールルピーで書いても構いません。
当日の為替により相当額のネパールルピーで支払われます。
ただ、ここで覚えておきたいのがビザの有効期限。
バンクステートメントの印刷、預金にビザの有効期限は関係ありません。
しかし、引き出しに関しては口座開設時にパスポートの身分証明書欄とビザの欄をコピーして記録してありますので、そのビザの有効期限を確認されます。
我々は、外国人ですので、ビザを更新したらパスポートを持って、銀行のサービスカウンターに行き、それを提出する必要があります。
まぁ、銀行としては不法滞在者にお金を遣わせないなどの対策なのでしょうが。。。
面倒ですが、お金を引き出す予定があるときは、現在有効なビザを銀行に登録しているか確認しておきましょう。
ジョイントアカウントの人は、夫婦二人共のビザを忘れずに登録しておきましょう。

なお、振込はどの支店からでもできますが、現金でしかしたことがありません。
口座から直接できるのかは知りません。
知っている人、ぜひ教えてください。

さて、ネパールで面倒なことが一つ。
預金、引き出しはどこの支店でも可能ですが、バンクステートメント、ビザの登録などは、口座を開設した支店でしかできません。
ぜひ、覚えておきましょう。
あと、最近は個人情報の確認には身分証明書でなく、キャッシュカードの番号を要求する銀行があるようです。
キャッシュカードを発行している人は持ち歩きましょう。

銀行が開いている時間は通常平日(日曜~金曜)の11時から15時です。
週末の金曜日は13時で閉まるところが多いです。
ただ、週中は銀行によって15時(ヒマラヤンバンク)だったり、16時(プライムバンク)だったり、18時のところもあります。
土曜日と祝日は休みです。

最後にキャッシュカード。
ATMを利用するにはキャッシュカードが必要です。
発行するにはネパリルピーの口座が必要です。
外貨口座では発行されません。

思いつくところではこのくらいでしょうか。
電気の話題ではありませんでしたが、面白いと思ったことは載せていきたいと思います。
これからも、ごひいきに。

2017/03/17 追記
どうも、小切手は6ヶ月使わないとロックされるようです。
で、開設した支店で、使わなかった理由を書いて、サインしたら使えるようになります。
理由は「必要性がなかった」だけでも良いです。
なので、時々使った方が良さそうですね。
もしくは、カードを作りATMを使うか。
以上、追加情報でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿